コンピュータセキュリティ情報 Powered by 福岡大学総合情報処理センター研究開発室

更新日時:2016年04月13日(水)13:45

◆このページの情報について
 端末におけるコンピュータセキュリティ対策に必要な情報を集約し、福岡大学の構成員向けにリンク集として提供します。 このリンク集は、各組織で公開されるセキュリティ情報が更新される度に本リンク集も随時更新し、情報提供を行っております。なお、本ページのリンク先は、主に下記の情報発信元組織から提供される情報となります。


◆情報発信元組織
情報処理推進機構(IPA) セキュリティセンター
https://www.ipa.go.jp/security/
サイバー攻撃に関する情報の収集・分析・提供、情報セキュリティ対策の調査・分析と普及啓発などを行う公的な組織です。
JPCERT/CC
http://www.jpcert.or.jp/
コンピュータセキュリティについての脅威に関する情報を網羅して提供されています。
JVN(Japan Vulnerability Notes)
http://jvn.jp/
脆弱性対策情報が提供されているポータルサイトです。
トレンドマイクロ株式会社
http://www.trendmicro.co.jp/
コンピュータウィルスを駆除するソフトウェアなど、セキュリティ関連製品の開発・販売を行っている企業です。
マカフィー株式会社
http://www.mcafee.com/
コンピュータウィルスを駆除するソフトウェアなど、セキュリティ関連製品の開発・販売を行っている企業です。
株式会社シマンテック
http://www.symantec.com/ja/jp/
コンピュータウィルスを駆除するソフトウェアなど、セキュリティ関連製品の開発・販売を行っている企業です。
福岡大学総合情報処理センター
https://www.ipc.fukuoka-u.ac.jp/
IT環境とそれに関わる情報を福岡大学向けに提供しております。


◆コンピュータセキュリティ情報一覧(上記の各組織から発信される情報を集約して以下に記載しております)
リンク先公開日 対象者 警告レベル・情報発信元 内容
2016-04-13 Microsoft製品利用者 緊急
IPA
Microsoft 製品の脆弱性対策について(2016年4月)
Windowsに関する脆弱性の修正プログラムが13件公表されました。これらの脆弱性が悪用された場合、アプリケーションが異常終了したり、パソコンが攻撃者により無断で制御される危険性がありますので、Windows Updateによる更新をお願いします。
2016-04-13 全利用者 注意
IPA
ランサムウェア感染を狙った攻撃について
メール受信時におけるウイルス感染などにより、パソコン上のファイルが自動で暗号化され、ファイルの中身を開くことができなくなったという被害が増えています。その際、暗号化を解除するための条件として金銭を要求するものが多く、金銭を渡したとしても暗号化を解除できるとは限りません。このような被害件数は2016年3月以降、急激に増加していますので、IPAが提示する対策を実施して頂き、被害を受けないよう対応をお願いします。
2016-04-06 Adobe Flash Player利用者 注意
IPA
Adobe Flash Player の脆弱性対策について(APSA16-01)(CVE-2016-1019)
Flash Playerに脆弱性が発見されました。この脆弱性を悪用されることでDoS攻撃を受けるなど、攻撃者によってパソコンを制御されるなどの危険性があります。早急にアップデートなどの対処をお願いします。
2016-03-24 Oracle Java利用者 注意
IPA
Oracle Java の脆弱性対策について(CVE-2016-0636)
Oracle 社が提供するOracle JRE(Java Runtime Environment)において、脆弱性が発見されました。第三者がこれらの脆弱性を悪用することで、遠隔地から利用者のコンピュータを無断で操作することが可能となり、何らかの被害を受ける可能性があります。最新バージョンへのアップデートをお願いします。
2016-03-11 Adobe Flash Player利用者 緊急
IPA
Adobe Flash Player の脆弱性対策について(APSB16-08)(CVE-2016-1010等)
Flash Playerに脆弱性が発見されました。この脆弱性を悪用されることでDoS攻撃を受けるなど、攻撃者によってパソコンを制御されるなどの危険性があります。早急にアップデートなどの対処をお願いします。
2016-03-09 Microsoft製品利用者 注意
IPA
Microsoft 製品の脆弱性対策について(2016年3月)
Windowsに関する脆弱性の修正プログラムが13件公表されました。これらの脆弱性が悪用された場合、アプリケーションが異常終了したり、パソコンが攻撃者により無断で制御される危険性がありますので、Windows Updateによる更新をお願いします。
2016-03-09 Adobe ReaderおよびAcrobat利用者 注意
IPA
Adobe Reader および Acrobat の脆弱性対策について(APSB16-09)(CVE-2016-1007等)
Adobe ReaderおよびAcrobatに脆弱性が発見されました。当該ソフトを利用してPDFを閲覧することで、利用者のパソコンが意図しない動作に至る危険性があります。早急にアップデートなどの対処をお願いします。
2016-02-10 Microsoft製品利用者 注意
IPA
Microsoft 製品の脆弱性対策について(2016年2月)
Windowsに関する脆弱性の修正プログラムが13件公表されました。これらの脆弱性が悪用された場合、アプリケーションが異常終了したり、パソコンが攻撃者により無断で制御される危険性がありますので、Windows Updateによる更新をお願いします。
2016-02-10 Adobe Flash Player利用者 注意
IPA
Adobe Flash Player の脆弱性対策について(APSB16-04)(CVE-2016-0985等)
Flash Playerに脆弱性が発見されました。この脆弱性を悪用されることでDoS攻撃を受けるなど、攻撃者によってパソコンを制御されるなどの危険性があります。早急にアップデートなどの対処をお願いします。
2016-01-20 Oracle Java利用者 注意
IPA
Oracle Java の脆弱性対策について(CVE-2016-0494等)
Oracle 社が提供するOracle JRE(Java Runtime Environment)において、脆弱性が発見されました。第三者がこれらの脆弱性を悪用することで、遠隔地から利用者のコンピュータを無断で操作することが可能となり、何らかの被害を受ける可能性があります。最新バージョンへのアップデートをお願いします。
2016-01-13 Microsoft製品利用者 注意
IPA
Microsoft 製品の脆弱性対策について(2016年1月)
Windowsに関する脆弱性の修正プログラムが9件公表されました。これらの脆弱性が悪用された場合、アプリケーションが異常終了したり、パソコンが攻撃者により無断で制御される危険性がありますので、Windows Updateによる更新をお願いします。
2016-01-13 Adobe ReaderおよびAcrobat利用者 注意
IPA
Adobe Reader および Acrobat の脆弱性対策について(APSB16-02)(CVE-2016-0932等)
Adobe ReaderおよびAcrobatに脆弱性が発見されました。当該ソフトを利用してPDFを閲覧することで、利用者のパソコンが意図しない動作に至る危険性があります。早急にアップデートなどの対処をお願いします。
2016-01-04 Adobe Flash Player利用者 緊急
IPA
Adobe Flash Player の脆弱性対策について(APSB16-01)(CVE-2015-8651等)
Flash Playerに脆弱性が発見されました。この脆弱性を悪用されることでDoS攻撃を受けるなど、攻撃者によってパソコンを制御されるなどの危険性があります。早急にアップデートなどの対処をお願いします。
2015-12-15 Internet Explorer利用者 注意
IPA
IEのサポートポリシー変更に伴うバージョンアップの推奨について
2016年1月12日(米国時間)以降、IE(Internet Explorer)のサポート対象は「各Windows OS で利用可能な最新版のみをサポート対象とする」というポリシーに変更されます。それに伴い、対象から外れるIEに関しましては、新たな脆弱性が発見されてもサポート(修正プログラムの提供など)を受けることができなくなります。サポートを受けることができるよう、Windows Updateなどを利用し、常時、IEのバージョンアップの実施をお願いします。
2015-12-09 Microsoft製品利用者 緊急
IPA
Microsoft 製品の脆弱性対策について(2015年12月)
Windowsに関する脆弱性の修正プログラムが12件公表されました。これらの脆弱性が悪用された場合、アプリケーションが異常終了したり、パソコンが攻撃者により無断で制御される危険性がありますので、Windows Updateによる更新をお願いします。
2015-12-09 Adobe Flash Player利用者 注意
IPA
Adobe Flash Player の脆弱性対策について(APSB15-32)(CVE-2015-8438等)
Flash Playerに脆弱性が発見されました。この脆弱性を悪用されることでDoS攻撃を受けるなど、攻撃者によってパソコンを制御されるなどの危険性があります。早急にアップデートなどの対処をお願いします。
2015-11-11 Microsoft製品利用者 注意
IPA
Microsoft 製品の脆弱性対策について(2015年11月)
Windowsに関する脆弱性の修正プログラムが12件公表されました。これらの脆弱性が悪用された場合、アプリケーションが異常終了したり、パソコンが攻撃者により無断で制御される危険性がありますので、Windows Updateによる更新をお願いします。
2015-11-11 Adobe Flash Player利用者 注意
IPA
Adobe Flash Player の脆弱性対策について(APSB15-28)(CVE-2015-7659等)
Flash Playerに脆弱性が発見されました。この脆弱性を悪用されることでDoS攻撃を受けるなど、攻撃者によってパソコンを制御されるなどの危険性があります。早急にアップデートなどの対処をお願いします。
2015-10-15 Adobe Flash Player利用者 緊急
IPA
Adobe Flash Player の脆弱性対策について(APSA15-05)(CVE-2015-7645)
Flash Playerに脆弱性が発見されました。この脆弱性を悪用されることでDoS攻撃を受けるなど、攻撃者によってパソコンを制御されるなどの危険性があります。早急にアップデートなどの対処をお願いします。
2015-10-14 Microsoft製品利用者 注意
IPA
Microsoft 製品の脆弱性対策について(2015年10月)
Windowsに関する脆弱性の修正プログラムが6件公表されました。これらの脆弱性が悪用された場合、アプリケーションが異常終了したり、パソコンが攻撃者により無断で制御される危険性がありますので、Windows Updateによる更新をお願いします。
2015-10-14 Adobe Flash Player利用者 注意
IPA
Adobe Flash Player の脆弱性対策について(APSB15-25)(CVE-2015-7628等)
Flash Playerに脆弱性が発見されました。この脆弱性を悪用されることでDoS攻撃を受けるなど、攻撃者によってパソコンを制御されるなどの危険性があります。早急にアップデートなどの対処をお願いします。
2015-10-14 Adobe ReaderおよびAcrobat利用者 注意
IPA
Adobe Reader および Acrobat の脆弱性対策について(APSB15-24)(CVE-2015-6692等)
Adobe ReaderおよびAcrobatに脆弱性が発見されました。当該ソフトを利用してPDFを閲覧することで、利用者のパソコンが意図しない動作に至る危険性があります。早急にアップデートなどの対処をお願いします。
2015-10-09 全利用者 注意
IPA
特定の組織からの注文連絡等を装ったばらまき型メールによる被害
Wordファイルが添付された不審なメールが国内の様々な組織へ発信されています。Wordファイルを開くことでマクロが実行され、ウイルスをダウンロードする機能が組み込まれているようですので、不審なメールに添付されたWordファイルは開かないようご注意ください。
2015-09-24 Adobe Flash Player利用者 注意
IPA
Adobe Flash Player の脆弱性対策について(APSB15-23)(CVE-2015-5573等)
Flash Playerに脆弱性が発見されました。この脆弱性を悪用されることでDoS攻撃を受けるなど、攻撃者によってパソコンを制御されるなどの危険性があります。早急にアップデートなどの対処をお願いします。
2015-09-09 Microsoft製品利用者 緊急
IPA
Microsoft 製品の脆弱性対策について(2015年9月)
Windowsに関する脆弱性の修正プログラムが12件公表されました。これらの脆弱性が悪用された場合、アプリケーションが異常終了したり、パソコンが攻撃者により無断で制御される危険性がありますので、Windows Updateによる更新をお願いします。
2015-08-19 Internet Explorer利用者 緊急
IPA
Internet Explorer の脆弱性対策について(CVE-2015-2502)
Internet Explorerの脆弱性を解消する修正プログラムが公開されました。この脆弱性を悪用された場合は、第三者によってパソコンが無断で操作される危険性があります。Windows Updateによるプログラムの更新をお願いします。
2015-08-19 Microsoft製品利用者 注意
JPCERT/CC
マイクロソフトセキュリティ情報(MS15-093)に関する注意喚起
Internet Explorerに脆弱性があることについてマイクロソフトが公表しました。ある細工を施されたページへ脆弱性のあるIEを用いてアクセスすると、第三者によってパソコンが無断で操作される危険性があります。Windows Updateによるプログラムの更新をお願いします。
2015-08-12 Microsoft製品利用者 緊急
IPA
Microsoft 製品の脆弱性対策について(2015年8月)
Windowsに関する脆弱性の修正プログラムが14件公表されました。これらの脆弱性が悪用された場合、アプリケーションが異常終了したり、パソコンが攻撃者により無断で制御される危険性がありますので、Windows Updateによる更新をお願いします。
2015-08-12 Adobe Flash Player利用者 注意
IPA
Adobe Flash Player の脆弱性対策について(APSB15-19)(CVE-2015-5128等)
Flash Playerに脆弱性が発見されました。この脆弱性を悪用されることでDoS攻撃を受けるなど、攻撃者によってパソコンを制御されるなどの危険性があります。早急にアップデートなどの対処をお願いします。
2015-07-21 Microsoft製品利用者 注意
JPCERT/CC
マイクロソフト セキュリティ情報 (MS15-078) に関する注意喚起
Microsoftフォントドライバーに関するセキュリティ情報 (MS15-078) がマイクロソフト社から公開されました。この脆弱性を悪用された文書やWebページを開くことにより、ご自身のパソコン上で、任意のプログラムが第三者によって無断で実行され、パソコンが第三者(攻撃者)によって制御される危険性があります。Windows Updateなどの実施をお願いします。
2015-07-15 Microsoft製品利用者 緊急
IPA
Microsoft 製品の脆弱性対策について(2015年7月)
Windowsに関する脆弱性の修正プログラムが14件公表されました。これらの脆弱性が悪用された場合、アプリケーションが異常終了したり、パソコンが攻撃者により無断で制御される危険性がありますので、Windows Updateによる更新をお願いします。
2015-07-15 Oracle Java利用者 緊急
IPA
Oracle Java の脆弱性対策について(CVE-2015-2590等)
Oracle 社が提供するOracle JRE(Java Runtime Environment)において、脆弱性が発見されました。第三者がこれらの脆弱性を悪用することで、遠隔地から利用者のコンピュータを無断で操作することが可能となり、何らかの被害を受ける可能性があります。最新バージョンへのアップデートをお願いします。
2015-07-13 Adobe Flash Player利用者 注意
IPA
Adobe Flash Player の脆弱性対策について(APSA15-04)(CVE-2015-5122等)
Flash Playerに脆弱性が発見されました。この脆弱性を悪用されることでDoS攻撃を受けるなど、攻撃者によってパソコンを制御されるなどの危険性があります。修正プログラムの公開は2015年7月12日の週に行われるとのことですので、公開が開始されましたら早急にアップデートなどの対処をお願いします。
2015-07-09 Adobe Flash Player利用者 緊急
IPA
Adobe Flash Player の脆弱性対策について(APSB15-16)(CVE-2015-5119等)
Flash Playerに脆弱性が発見されました。この脆弱性を悪用されることでDoS攻撃を受けるなど、攻撃者によってパソコンを制御されるなどの危険性があります。早急にアップデートなどの対処をお願いします。
2015-06-24 Adobe Flash Player利用者 緊急
IPA
Adobe Flash Player の脆弱性対策について(APSB15-14)(CVE-2015-3113)
Flash Playerに脆弱性が発見されました。この脆弱性を悪用されることでDoS攻撃を受けるなど、攻撃者によってパソコンを制御されるなどの危険性があります。早急にアップデートなどの対処をお願いします。
2015-06-10 Microsoft製品利用者 緊急
IPA
Microsoft 製品の脆弱性対策について(2015年6月)
Windowsに関する脆弱性の修正プログラムが8件公表されました。これらの脆弱性が悪用された場合、アプリケーションが異常終了したり、パソコンが攻撃者により無断で制御される危険性がありますので、Windows Updateによる更新をお願いします。
2015-06-10 Adobe Flash Player利用者 注意
IPA
Adobe Flash Player の脆弱性対策について(APSB15-11)(CVE-2015-3096等)
Flash Playerに脆弱性が発見されました。この脆弱性を悪用されることでDoS攻撃を受けるなど、攻撃者によってパソコンを制御されるなどの危険性があります。早急にアップデートなどの対処をお願いします。
2015-05-26 全構成員 注意
JPCERT/CC
ランサムウエア感染に関する注意喚起
ランサムウエアと呼ばれるマルウエアによってコンピュータに保存された各種ファイルが無断で暗号化され、各種ファイルの所有者自身でもその中身を閲覧できなくなる被害が確認されています。そして、ファイルの復号化のために金銭等が要求されるという事件にも発展しています。これは、OS、Adobe Flash PlayerやJavaなどのアプリケーションの脆弱性を悪用したものであり、悪意のあるWebサイトなどへ誘導されることでマルウェアに感染し、被害に遭う可能性があります。このような被害を回避するために、OSや各種アプリケーションのアップデートをお願いします。
2015-05-13 Microsoft製品利用者 緊急
IPA
Microsoft 製品の脆弱性対策について(2015年5月)
Windowsに関する脆弱性の修正プログラムが13件公表されました。これらの脆弱性が悪用された場合、アプリケーションが異常終了したり、パソコンが攻撃者により無断で制御される危険性がありますので、Windows Updateによる更新をお願いします。
2015-05-13 Adobe Flash Player利用者 注意
IPA
Adobe Flash Player の脆弱性対策について(APSB15-09)(CVE-2015-3078等)
Flash Playerに脆弱性が発見されました。この脆弱性を悪用されることでDoS攻撃を受けるなど、攻撃者によってパソコンを制御されるなどの危険性があります。早急にアップデートなどの対処をお願いします。
2015-05-13 Adobe ReaderおよびAcrobat利用者 注意
IPA
Adobe Reader および Acrobat の脆弱性対策について(APSB15-10)(CVE-2015-3053等)
Adobe ReaderおよびAcrobatに脆弱性が発見されました。当該ソフトを利用してPDFを閲覧することで、利用者のパソコンが意図しない動作に至る危険性があります。早急にアップデートなどの対処をお願いします。
2015-04-15 Microsoft製品利用者 緊急
IPA
Microsoft 製品の脆弱性対策について(2015年4月)
Windowsに関する脆弱性の修正プログラムが11件公表されました。これらの脆弱性が悪用された場合、アプリケーションが異常終了したり、パソコンが攻撃者により無断で制御される危険性がありますので、Windows Updateによる更新をお願いします。
2015-04-15 Adobe Flash Player利用者 緊急
IPA
Adobe Flash Player の脆弱性対策について(APSB15-06)(CVE-2015-3043等)
Flash Playerに脆弱性が発見されました。この脆弱性を悪用されることでDoS攻撃を受けるなど、攻撃者によってパソコンを制御されるなどの危険性があります。早急にアップデートなどの対処をお願いします。
2015-04-15 Oracle Java利用者 注意
IPA
Oracle Java の脆弱性対策について(CVE-2015-0469等)
Oracle 社が提供するOracle JRE(Java Runtime Environment)において、脆弱性が発見されました。第三者がこれらの脆弱性を悪用することで、遠隔地から利用者のコンピュータを無断で操作することが可能となり、何らかの被害を受ける可能性があります。最新バージョンへのアップデートをお願いします。
2015-03-13 Adobe Flash Player利用者 注意
IPA
Adobe Flash Player の脆弱性対策について(APSB15-05)(CVE-2015-0332等)
Flash Playerに脆弱性が発見されました。この脆弱性を悪用されることで、アプリケーションプログラムの異常終了、攻撃者によってパソコンを制御されるなどの危険性があります。早急にアップデートなどの対処をお願いします。
2015-03-11 Microsoft製品利用者 緊急
IPA
Microsoft 製品の脆弱性対策について(2015年3月)
Windowsに関する脆弱性の修正プログラムが14件公表されました。これらの脆弱性が悪用された場合、アプリケーションが異常終了したり、パソコンが攻撃者により無断で制御される危険性がありますので、Windows Updateによる更新をお願いします。
2015-03-11 Oracle Java利用者 注意
IPA
公式サポートが終了する Java SE 7 の利用者に向けた注意喚起
Oracle 社が提供する「Java SE 7(Java Platform, Standard Edition 7)」の公式サポートが間もなく終了します。公式サポートの終了後は、新たな脆弱性が発見された場合でもアップデートプログラムは提供されません。そのため、脆弱性を悪用した攻撃によるウイルス感染などの危険性が高まります。被害を受ける危険性を低減させるため、早急にアップデートなどの対処をお願いします。
2015-02-12 Microsoft製品利用者 緊急
IPA
Microsoft 製品の脆弱性対策について(2015年2月)
Windowsに関する脆弱性の修正プログラムが9件公表されました。これらの脆弱性が悪用された場合、アプリケーションが異常終了したり、パソコンが攻撃者により無断で制御される危険性がありますので、Windows Updateによる更新をお願いします。
2015-02-06 Adobe Flash Player利用者 緊急
IPA
Adobe Flash Player の脆弱性対策について(APSB15-04)(CVE-2015-0313等)
Flash Playerに脆弱性が発見されました。この脆弱性を悪用されることで、アプリケーションプログラムの異常終了、攻撃者によってパソコンを制御されるなどの危険性があります。早急にアップデートなどの対処をお願いします。
2015-01-28 Adobe Flash Player利用者 緊急
IPA
Adobe Flash Player の脆弱性対策について(APSB15-03)(CVE-2015-0311等)
Flash Playerに脆弱性が発見されました。この脆弱性を悪用されることで、アプリケーションプログラムの異常終了、攻撃者によってパソコンを制御されるなどの危険性があります。早急にアップデートなどの対処をお願いします。
2015-01-23 Adobe Flash Player利用者 緊急
IPA
Adobe Flash Player の脆弱性対策について(APSB15-02)(CVE-2015-0310)
Flash Playerに脆弱性が発見されました。この脆弱性を悪用されることで、アプリケーションプログラムの異常終了、攻撃者によってパソコンを制御されるなどの危険性があります。早急にアップデートなどの対処をお願いします。
2015-01-21 Oracle Java利用者 注意
IPA
Oracle Java の脆弱性対策について(CVE-2014-6601等)
Oracle 社が提供するOracle JRE(Java Runtime Environment)において、脆弱性が発見されました。第三者がこれらの脆弱性を悪用することで、遠隔地から利用者のコンピュータを無断で操作することが可能となり、何らかの被害を受ける可能性があります。最新バージョンへのアップデートをお願いします。
2015-01-14 Microsoft製品利用者 緊急
IPA
Microsoft 製品の脆弱性対策について(2015年1月)
Windowsに関する脆弱性の修正プログラムが8件公表されました。これらの脆弱性が悪用された場合、アプリケーションが異常終了したり、パソコンが攻撃者により無断で制御される危険性がありますので、Windows Updateによる更新をお願いします。なお、影響を受けるソフトウェアはInternet Explorerのほか、Microsoft Wordなども含まれます。攻撃が行われた場合の影響が大きいとのことですので、早急にWindows Updateをお願いします。
2015-01-14 Adobe Flash Player利用者 注意
IPA
Adobe Flash Player の脆弱性対策について(APSB15-01)(CVE-2015-0301等)
Flash Playerに脆弱性が発見されました。この脆弱性を悪用されることで、アプリケーションプログラムの異常終了、攻撃者によってパソコンを制御されるなどの危険性があります。早急にアップデートなどの対処をお願いします。
2014-12-10 Microsoft製品利用者 注意
IPA
Microsoft 製品の脆弱性対策について(2014年12月)
Windowsに関する脆弱性の修正プログラムが7件公表されました。これらの脆弱性が悪用された場合、アプリケーションが異常終了したり、パソコンが攻撃者により無断で制御される危険性がありますので、Windows Updateによる更新をお願いします。なお、影響を受けるソフトウェアはInternet Explorerのほか、Microsoft Wordなども含まれます。攻撃が行われた場合の影響が大きいとのことですので、早急にWindows Updateをお願いします。
2014-12-10 Adobe Flash Player利用者 緊急
IPA
Adobe Flash Player の脆弱性対策について(APSB14-27)(CVE-2014-9163等)
Flash Playerに脆弱性が発見されました。この脆弱性を悪用されることで、アプリケーションプログラムの異常終了、攻撃者によってパソコンを制御されるなどの危険性があります。早急にアップデートなどの対処をお願いします。
2014-12-10 Adobe ReaderおよびAcrobat利用者 注意
IPA
Adobe Reader および Acrobat の脆弱性対策について(APSB14-28)(CVE-2014-9165等)
Adobe ReaderおよびAcrobatに脆弱性が発見されました。当該ソフトを利用してPDFを閲覧することで、利用者のパソコンが意図しない動作に至る危険性があります。早急にアップデートなどの対処をお願いします。
2014-11-26 Adobe Flash Player利用者 注意
IPA
Adobe Flash Player の脆弱性対策について(APSB14-26)(CVE-2014-8439)
Flash Playerに脆弱性が発見されました。この脆弱性を悪用されることで、アプリケーションプログラムの異常終了、攻撃者によってパソコンを制御されるなどの危険性があります。早急にアップデートなどの対処をお願いします。
2014-11-13 ジャストシステム製品利用者 注意
JP/CERT
ジャストシステムの一太郎シリーズに関する脆弱性対策について
一太郎の脆弱性が悪用されることで、第三者によって遠隔から任意のコードを実行する可能性があります。同製品を提供するジャストシステムからは、脆弱性対策のためのプログラムが提供されておりますので、一太郎シリーズの利用者はJP/CERTからの情報などを参照して脆弱性対策を行ってください。
2014-11-12 Microsoft製品利用者 緊急
IPA
Microsoft 製品の脆弱性対策について(2014年11月)
Windowsに関する脆弱性の修正プログラムが14件公表されました。これらの脆弱性が悪用された場合、アプリケーションが異常終了したり、パソコンが攻撃者により無断で制御される危険性がありますので、Windows Updateによる更新をお願いします。
2014-11-12 Adobe Flash Player利用者 注意
IPA
Adobe Flash Player の脆弱性対策について(APSB14-24)(CVE-2014-0573等)
Flash Playerに脆弱性が発見されました。この脆弱性を悪用されることで、アプリケーションプログラムの異常終了、攻撃者によってパソコンを制御されるなどの危険性があります。早急にアップデートなどの対処をお願いします。
2014-10-22 Microsoft製品利用者 緊急
IPA
Microsoft Windows OLE(PowerPoint)の脆弱性について(CVE-2014-6352)
Windows OLEに関する脆弱性が発見されました。これらの脆弱性が悪用された場合、アプリケーションが異常終了したり、パソコンが攻撃者により無断で制御される危険性があります。10月22日19時の時点では修正版プログラムは提供されておりませんが、Microsoft社からのコメントでは「脆弱性を悪用する悪意のある Microsoft PowerPoint ファイルを利用した限定的な標的型攻撃を確認しています。」とのことです。数日後には、Microsoft社による修正プログラムの提供が開始されることが予想されますが、修正プログラムを適用するまでの間は、作成者が自分自身以外のPowerPointのファイルについてはできるだけ開かないようにすることを推奨します。
2014-10-15 Microsoft製品利用者 緊急
IPA
Microsoft 製品の脆弱性対策について(2014年10月)
Windowsに関する脆弱性の修正プログラムが8件公表されました。これらの脆弱性が悪用された場合、アプリケーションが異常終了したり、パソコンが攻撃者により無断で制御される危険性がありますので、Windows Updateによる更新をお願いします。
2014-10-15 Adobe Flash Player利用者 注意
IPA
Adobe Flash Player の脆弱性対策について(APSB14-22)(CVE-2014-0558等)
Flash Playerに脆弱性が発見されました。悪意のあるコンテンツを利用者に開かせることで、利用者のパソコンが意図しない動作に至る危険性があります。早急にアップデートなどの対処をお願いします。
2014-10-15 Oracle Java利用者 注意
IPA
Oracle Javaの脆弱性対策について(CVE-2014-6513等)
Oracle 社が提供するOracle JRE(Java Runtime Environment)において、脆弱性が発見されました。第三者がこれらの脆弱性を悪用することで、遠隔地から利用者のコンピュータを無断で操作することが可能となり、何らかの被害を受ける可能性があります。最新バージョンへのアップデートをお願いします。
2014-09-17 Adobe ReaderおよびAcrobat利用者 注意
IPA
Adobe Reader および Acrobat の脆弱性対策について(APSB14-20)(CVE-2014-0560等)
Adobe ReaderおよびAcrobatに脆弱性が発見されました。当該ソフトを利用してPDFを閲覧することで、利用者のパソコンが意図しない動作に至る危険性があります。早急にアップデートなどの対処をお願いします。
2014-09-10 Microsoft製品利用者 緊急
IPA
Microsoft 製品の脆弱性対策について(2014年9月)
Windowsに関する脆弱性の修正プログラムが4件公表されました。これらの脆弱性が悪用された場合、アプリケーションが異常終了したり、パソコンが攻撃者により無断で制御される危険性がありますので、Windows Updateによる更新をお願いします。
2014-09-10 Adobe Flash Player利用者 注意
IPA
Adobe Flash Player の脆弱性対策について(APSB14-21)(CVE-2014-0547等)
Flash Playerに脆弱性が発見されました。悪意のあるコンテンツを利用者に開かせることで、利用者のパソコンが意図しない動作に至る危険性があります。早急にアップデートなどの対処をお願いします。
2014-08-14 Apple Safari利用者 注意
JPCERT/CC
Apple Safari における複数の脆弱性に対するアップデート
一部のバージョンのSafariを利用することで、悪意のある細工がなされたウェブサイトにアクセスした際、サービス運用妨害 (DoS) 攻撃を受けたり、任意のコードを実行されたりする危険性がありますので、更新をお願いします。
2014-08-13 Microsoft製品利用者 緊急
IPA
Microsoft 製品の脆弱性対策について(2014年8月)
Windowsに関する脆弱性の修正プログラムが6件公表されました。これらの脆弱性が悪用された場合、アプリケーションが異常終了したり、パソコンが攻撃者により無断で制御される危険性がありますので、Windows Updateによる更新をお願いします。
2014-08-13 Adobe ReaderおよびAcrobat利用者 緊急
IPA
Adobe ReaderおよびAcrobatの脆弱性対策について(APSB14-19)(CVE-2014-0546)
Adobe ReaderおよびAcrobatに脆弱性が発見されました。悪意のあるコンテンツを利用者に開かせることで、利用者のパソコンが意図しない動作に至る危険性があります。早急にアップデートなどの対処をお願いします。
2014-08-13 Adobe Flash Player利用者 注意
IPA
Adobe Flash Player の脆弱性対策について(APSB14-18)(CVE-2014-0538等)
Flash Playerに脆弱性が発見されました。悪意のあるコンテンツを利用者に開かせることで、利用者のパソコンが意図しない動作に至る危険性があります。早急にアップデートなどの対処をお願いします。
2014-07-16 Oracle Java利用者 注意
JPCERT/CC
Oracle Java SEの脆弱性対策について
Oracle 社が提供するOracle Java SEにおいて、複数の脆弱性が発見されました。第三者がこれらの脆弱性を悪用することで、遠隔地から利用者のコンピュータを無断で操作することが可能となり、何らかの被害を受ける可能性があります。最新バージョンへのアップデートをお願いします。
2014-07-09 Microsoft製品利用者 注意
IPA
Microsoft 製品の脆弱性対策について
Windowsに関する脆弱性の修正プログラムが6件公表されました。これらの脆弱性が悪用された場合、アプリケーションが異常終了したり、パソコンが攻撃者により無断で制御される危険性がありますので、Windows Updateによる更新をお願いします。
2014-07-09 Adobe Flash Player利用者 注意
IPA
Adobe Flash Player の脆弱性について (APSB14-17)(CVE-2014-4671等)
Flash Playerに脆弱性が発見されました。悪意のあるコンテンツを利用者に開かせることで、利用者のパソコンが意図しない動作に至る危険性があります。早急にアップデートなどの対処をお願いします。
2014-06-11 Microsoft製品利用者 注意
IPA
Microsoft 製品の脆弱性対策について
Windowsに関する脆弱性の修正プログラムが7件公表されました。これらの脆弱性が悪用された場合、アプリケーションが異常終了したり、パソコンが攻撃者により無断で制御される危険性がありますので、Windows Updateによる更新をお願いします。
2014-06-11 Adobe Flash Player利用者 注意
IPA
Adobe Flash Playerの脆弱性対策について(APSB14-16)(CVE-2014-0531等)
Flash Playerに脆弱性が発見されました。悪意のあるコンテンツを利用者に開かせることで、利用者のパソコンが意図しない動作に至る危険性があります。早急にアップデートなどの対処をお願いします。
2014-05-14 Adobe ReaderおよびAcrobat利用者 緊急
JPCERT/CC
Adobe Reader および Acrobat の脆弱性対策について (APSB14-15)
Adobe ReaderおよびAcrobatに脆弱性が発見されました。悪意のあるコンテンツを利用者に開かせることで、利用者のパソコンが意図しない動作に至る危険性があります。早急にアップデートなどの対処をお願いします。
2014-05-14 Adobe Flash Player利用者 注意
JPCERT/CC
Adobe Flash Player の脆弱性について (APSB14-14)
Flash Playerに脆弱性が発見されました。悪意のあるコンテンツを利用者に開かせることで、利用者のパソコンが意図しない動作に至る危険性があります。早急にアップデートなどの対処をお願いします。
2014-05-14 Microsoft製品利用者 注意
IPA
Microsoft 製品の脆弱性対策について
Windowsに関する脆弱性の修正プログラムが8件公表されました。これらの脆弱性が悪用された場合、アプリケーションが異常終了したり、パソコンが攻撃者により無断で制御される危険性がありますので、Windows Updateによる更新をお願いします。
2014-04-30 Adobe Flash Player利用者 緊急
IPA
Adobe Flash Player の脆弱性対策(APSB14-13)(CVE-2014-0515)
Flash Playerに脆弱性が発見されました。脆弱性が悪用されることで、アプリケーションソフトウェアの異常終了、利用者のパソコンが攻撃者によって乗っ取られる危険性があります。既に被害が発生しているとの情報がありますので、早急にFlash Playerの更新をお願いします。
2014-04-28 Internet Explorer利用者 緊急
JPCERT/CC
2014年4月 Microsoft Internet Explorer の未修正の脆弱性に関する注意喚起
Microsoft社のInternet Explorerに脆弱性が発見されました。脆弱性が悪用されることで危険なホームページへ誘導され、任意の命令が実行される被害を受ける可能性がありますので、JPCERT/CCの情報を参照して頂き、EMETによる対応をお願いします。特に、サポートが終了しているXPへの悪影響は多大なものであることが予想されます。しばらくの間、IEの利用については十分にご注意ください。
【追加情報(2014/04/30 09:30)】米国政府からも公式ルートで注意喚起がなされている状況です。IPAからも情報が提供されていますので、あわせてご確認ください。→Internet Explorerの脆弱性対策について(CVE-2014-1776)
【追加情報(2014/05/02 09:10)】Microsoft社から修正プログラムが提供されました。XPへの対応も行われています。→Internet Explorer用のセキュリティ更新プログラム
2014-04-16 Oracle Java利用者 注意
IPA
Oracle Java の脆弱性対策について(CVE-2014-0429等)
Oracle 社が提供する JRE (Java Runtime Environment) において、Webの閲覧時に任意の命令が実行される脆弱性が発見されましたので、最新バージョンへのアップデートをお願いします。
2014-04-09 Microsoft XP利用者 緊急
トレンドマイクロ社
Microsoft XPサポート終了とそれ以降の危険性について
ご承知のとおり、Microsoft社によるMicrosoft XPに対するサポートが本日2014年4月9日をもちまして終了します。それ以降におけるWindows XPの継続利用に関するリスクについて、トレンドマイクロ社のホームページで紹介されています。その危険性を十分にご理解頂くために、その解説をご一読をお願いします。
2014-04-09 Microsoft製品利用者 緊急
IPA
Microsoft 製品の脆弱性対策について
Windowsに関する脆弱性の修正プログラムが4件公表されました。これらの脆弱性が悪用された場合、アプリケーションが異常終了したり、パソコンが攻撃者により無断で制御される危険性がありますので、Windows Updateによる更新をお願いします。
2014-04-09 Microsoft Office(Word)利用者 緊急
IPA
Microsoft Word の脆弱性対策についての続報(CVE-2014-1761)
Microsoft Wordに脆弱性が発見されましたことは、2014年3月25日にお知らせしたとおりですが、この件についての修正プログラムの提供が開始されました。本件に関わる被害が確認されているとの情報がありますので、修正プログラムの適用を至急お願いします。
2014-04-09 Adobe Flash Player利用者 注意
IPA
Adobe Flash Player の脆弱性対策(APSB14-09)(CVE-2014-0506等)
Flash Playerに脆弱性が発見されました。脆弱性が悪用されることで、「攻撃者によってデータの機密性が脅かされる」、「パソコンの処理リソースが悪用される」という危険性があります。アドビシステムズ社からは、「攻撃対象とされるリスクが比較的に高い脆弱性」としてアナウンスされていますので、早急にFlash Playerの更新をお願いします。
2014-03-25 Microsoft Office(Word)利用者 緊急
IPA
Microsoft Word の脆弱性対策について(CVE-2014-1761)
Microsoft Wordに脆弱性が発見されました。この脆弱性を悪用されることで、遠隔操作により無断で命令が実行され、パソコンが不正に利用される危険性があります。修正プログラムは提供されておりませんので、上記のリンク先のページに記載しております「回避策」をご参照いただき、必要に応じて対応(Fix it 51010 のインストール)をお願いいたします。
2014-03-12 Adobe Flash Player利用者 緊急
IPA
Adobe Flash Player の脆弱性(APSB14-08)(CVE-2014-0503等)について
Flash Playerに脆弱性が発見されました。脆弱性が悪用されることで、「攻撃者によってデータの機密性が脅かされる」、「パソコンの処理リソースが悪用される」という危険性があります。アドビシステムズ社からは、「過去に攻撃リスクが高いとされたことのある脆弱性」としてアナウンスされていますので、早急にFlash Playerの更新をお願いします。
2014-03-12 Microsoft製品利用者 緊急
IPA
Microsoft 製品の脆弱性対策について
Windowsに関する脆弱性の修正プログラムが5件公表されました。これらの脆弱性が悪用された場合、アプリケーションが異常終了したり、パソコンが攻撃者により無断で制御される危険性がありますので、Windows Updateによる更新をお願いします。
2014-03-12 Internet Explorer(9および10)利用者 緊急
IPA
【続報】Internet Explorer(9および10)の脆弱性対策について(CVE-2014-0322)
2014年2月20日の報告で、Microsoft社のInternet Explorerに脆弱性が発見された情報が公開されましたが、Windows Updateによる対処が可能な修正プログラムの公開について続報がありました。IPAの情報をご確認頂き、Windows Updateをお願いします。
2014-02-21 Adobe Flash Player利用者 緊急
IPA
Adobe Flash Player の脆弱性(APSB14-07)(CVE-2014-0502等)について
Flash Playerに脆弱性が発見されました。脆弱性が悪用されることで、Flash Playerが不正に終了されたり、任意の命令が実行される被害を受ける可能性がありますので、Flash Playerの更新をお願いします。
2014-02-20 Internet Explorer(9および10)利用者 緊急
IPA
Internet Explorer(9および10)の脆弱性対策について
Microsoft社のInternet Explorerに脆弱性が発見されました。脆弱性が悪用されることで、任意の命令が実行される被害を受ける可能性がありますので、IPAの情報を参照して頂き、Fix itによる対応をお願いします。
2014-02-12 Microsoft製品利用者 緊急
IPA
Microsoft 製品の脆弱性対策について
Windowsに関する脆弱性の修正プログラムが複数件公表されました。これらの脆弱性が悪用された場合、アプリケーションが異常終了したり、パソコンが攻撃者により無断で制御される危険性がありますので、Windows Updateによる更新をお願いします。
2014-02-05 Adobe Flash Player利用者 緊急
IPA
Adobe Flash Player の脆弱性 (APSB14-04) について
Flash Playerに脆弱性が発見されました。脆弱性が悪用されることで、Flash Playerが不正に終了されたり、任意の命令が実行される被害を受ける可能性がありますので、Flash Playerの更新をお願いします。
2014-01-15 Microsoft製品利用者 緊急
IPA
Microsoft製品の脆弱性対策について
Windowsに関する脆弱性の修正プログラムが4件公表されましたので、Microsoft Updateによる更新をお願いします。
2014-01-15 Oracle Java利用者 注意
IPA
Oracle Java の脆弱性対策について
Oracle 社が提供する JRE (Java Runtime Environment) において、Webの閲覧時に任意の命令が実行される脆弱性が発見されましたので、最新バージョンへのアップデートをお願いします。
2014-01-15 Adobe ReaderおよびAcrobat利用者 注意
IPA
Adobe Reader および Acrobat の脆弱性対策について
Adobe ReaderおよびAcrobatにおいて、任意の命令が実行される脆弱性が複数発見されましたので、最新バージョンへのアップデートをお願いします。
2014-01-15 Adobe Flash Player利用者 注意
IPA
Adobe Flash Player の脆弱性対策について
Adobe Flash Playerにおいて、Webの閲覧時にDoS攻撃や任意の命令が実行される脆弱性が発見されましたので、最新バージョンへのアップデートをお願いします。
2013-12-18 Apple Safari利用者 注意
JVN
Apple Safariにおける複数の脆弱性に対応するアップデートプログラムのリリース
Safari 6.1.1、7.0.1より前のバージョンは、任意のコード実行やサービス運用妨害(DoS)攻撃を受けたり、情報漏えいなどが発生する危険性があります。利用者はアップデートをお願いします。
2013-12-11 Microsoft製品利用者 緊急
IPA
Microsoft 製品の脆弱性対策について(12月)
今月(12月)はMicrosoft製品に関する脆弱性の修正プログラムが11件公表されました。攻撃が行われた場合の影響が大きい脆弱性であるため、できるだけ早急に修正プログラムを適用して下さい。
2013-12-11 Adobe Flash Player利用者 注意
IPA
Adobe Flash Player の脆弱性対策について(APSB13-28)(CVE-2013-5331等)
Adobe Flash Playerに脆弱性(APSB13-28)が発見されました。製品提供元であるAdobe社から、「攻撃対象になるリスクが比較的に高い脆弱性」としてアナウンスがされています。至急、修正プログラムを適用して下さい。
2013-12-11 Microsoft Office利用者 緊急
IPA
Microsoft Office 等の脆弱性対策について(CVE-2013-3906)
Microsoft Office 等に リモートからコード(命令)が実行される脆弱性が発見されました。既に、当該脆弱性を悪用した攻撃が確認されているとの情報があるため、至急、修正プログラムを適用して下さい。
2013-11-29 WindowsXP利用者 注意
Trend Micro
WindowsXPを狙ったゼロデイ攻撃を確認
特権昇格と呼ばれる脆弱性の利用により、攻撃者は感染PC内でのデータの削除や表示、プログラムのインストール、また管理者権限を持つアカウントを作成し、コンピュータが危険な状態に陥りますのでご注意ください。
2013-11-25 AutoCAD利用者 注意
Trend Micro
“AutoCAD”関連の不正プログラム「ACM_SHENZ.A」、感染PCを脆弱な状態に
AutoCADのコンポーネント(拡張子として「FAS」が付加)を装った不正プログラムが実行されますと、当該PCのファイルやフォルダのネットワーク共有が利用者の意思とは関係なく開始され、情報漏えいに繋がる危険性があります。AutoCADの取り扱いの際はご注意ください。
2013-11-21 Microsoft製品利用者 注意
JPCERT/CC
【続報】Microsoft Graphics Component の未修正の脆弱性に関する注意喚起
細工したTIFF形式の画像ファイルや、それを含むMS-WordやMS-Excelなどのファイルをユーザに開かせることで、ユーザのコンピュータが不正に遠隔操作される危険性があります。国内の民間企業でそのような事案が発生しております。関連ファイルを開く際はご注意ください。
2013-11-21 Adobe製品やJAVAの利用者 注意
総合情報処理センター
忘れてませんか?!JavaやAdobe Reader、Adobe Flash Playerなどのアップデート
Adobe製品やJAVAのバージョン確認方法、アップデート方法についての情報が提供されています。
2013-11-20 Microsoft製品利用者 緊急
IPA
Microsoft Office 等の脆弱性(CVE-2013-3906)を悪用する国内の組織に対する標的型攻撃を確認 〜不審メールへの警戒、緊急対策の実施を〜
送られてくるメールは、件名、本文、添付ファイル名などが日本語で記載されています。特に、「履歴書.zip」という添付ファイルを受け取った際や、圧縮された添付ファイル中にWordファイルが含まれる場合はご注意ください。Microsoft Officeの利用者は、Microsoft社から修正プログラムが提供され次第、アップデート作業をお願いします。
2013-11-18 Microsoft製品利用者 緊急
JVN
Microsoft 製品の複数の脆弱性に対するアップデート
Microsoft Windows、Internet Explorer、Microsoft Office および関連コンポーネント向けのセキュリティ更新プログラムが公開されました。アップデート作業をお願いします。
2013-11-14 全利用者 注意
Trend Micro
アノニマスが日本を標的とした攻撃を予告、今一度セキュリティ対策の見直しを
日本の政府機関や関連組織を対象とした攻撃ですが、福岡大学においても(サーバ、クライアント問わず)警戒が必要です。
2013-11-13 Adobe製品利用者 注意
JPCERT/CC
Adobe Flash Player の脆弱性 (APSB13-26) に関する注意喚起
2013-11-13 Microsoft製品利用者 緊急
JPCERT/CC
Microsoft セキュリティ情報 (緊急 3件含) に関する注意喚起
Windows Updateを実施してください。
2013-11-06 Microsoft製品利用者 注意
JPCERT/CC
Microsoft Graphics Component の未修正の脆弱性に関する注意喚起
細工したTIFF形式の画像ファイルや、それを含むMS-WordやMS-Excelなどのファイルをユーザに開かせることで、あなたのコンピュータが不正に遠隔操作される危険性があります。
2013-11-06 Microsoft製品利用者 緊急
IPA
Microsoft Office 等の脆弱性対策について(CVE-2013-3906)
Fix itを適用するか、Enhanced Mitigation Experience Toolkit(EMET)を使用してください。
2013-11-01 全利用者 注意
Trend Micro
ランサムウェア「CryptoLocker」に感染しないためにすべきこと
身代金要求型不正プログラム「ランサムウェア」の被害が急増しているようですのでご注意ください。
2013-11-01 SNS利用者 注意
IPA
SNSの友達申請に注意!
2013-10-16 Java利用者 注意
JPCERT/CC
Oracle Java SE のクリティカルパッチアップデート (定例) に関する注意喚起
2013-10-09 Adobe製品利用者 注意
JPCERT/CC
Adobe Reader 及び Acrobat の脆弱性 (APSB13-25) に関する注意喚起


お問合せ先:福岡大学総合情報処理センター研究開発室 (担当:中國)
e-mail:nak%fukuoka-u.ac.jp (%は@に変えてメールをお送りください)